FC2ブログ

*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

テーブルレッスン♪ 

快晴の本日、広島にテーブルレッスンに~♪

本日もたっぷり充実した一日となりました。
本日は一汁三菜のテーブルと秋を感じる和花でのアレンジ
そして講義は「生活空間における日本と西洋の美意識」「季節のもてなし 西洋」の3レッスン♪

スタジオの存在感のある黒のボードの上のディスプレと絵画は本日も素敵でした。

2013_10_22-TC-05-1n.jpg
【2013年10月22日撮影:スタジオ内のディスプレ】

フリーカップにはケイトウの花が・・・カップからのぞく赤・・・
絵画の赤と合わせ、黒と赤の対比がその先にあるクリスマスを彷彿させ心躍りました。


2013_10_22-TC-01-1n.jpg
【2013年10月22日撮影:一汁三菜のテーブル】

菊をメインに使ったアレンジは難しく、先生にしっかり手直ししていただきました(^_^;A
和皿はどれも趣がある器ばかりでした。
お料理が盛られたら更に素敵だろうなぁ・・と思いつつ。。。

以下、同じ時間にフラワーアレンジメントレッスンを受けられていた方お二人の作品です。
とっても素敵にアレンジされていて流石だなぁ・・と思いました。

2013_10_22-TC-06n.jpg
【2013年10月22日撮影:フラワーアレンジメント】

[edit]

テーブルレッスン♪ 

通常は2年間(?)で終了のテーブルコーディネットレッスンですが、
毎回無理をお願いして、3倍速4倍速でたっぷりレッスンしていただいております。
現在のコースは年内にも卒業の予定です♪
先生いつもありがとうございます。

この日もレッスンスタジオを出たのは17時30分で、17時51分発の新幹線に乗る為
タクシーの運転手さんに無理をお願いし、駅構内を花材片手に「ヒール」で
走り、ぜいぜい云いつつ新幹線に飛び乗りました(^_^;)

講義はいよいよ佳境に入った感じ^^
そして季節のテーブルは「一五夜」でした。
一枚の和紙にお月様を見立てた色ケント紙や和紙を丸く切って貼り付け
筆ペンで一筆・・・

2013_9_11-TC-02n.jpg
【2013年9月11日撮影:十五夜のテーブル】

「絵でも何でもお好きなことを書いてください」と先生、
既にレッスンした方の作品を見せていただきましたが、皆さま「英語」でサラサラ~♪
英語の苦手な私は、敢えて日本語で縦字(^_^;A

2013_9_11-TC-03n.jpg

器を包み、水引でキリリと和の凛とした美しさ♪

本日はロハスな手作りのネームカードやメニューカードも見せていただき、
テンションが上がりました^m^
テーブルフィギアとなるこんな作業は結構好きな分野で、昔から見よう見真似で作っておりましたが、
その日の夜、今まで作ったメニューカードや招待状を眺め、楽しかったパーティーの時間に
タイムスリップし、懐かしみました。(笑)

そしてフルコースのセッテイング実演の沢山のカトラリーにわくわくと胸躍りました♪




[edit]

テーブルレッスン♪ 

広島市もうだるような暑さでした。
新幹線、広電を乗り継ぎ、暑い中歩いてスタジオに着いた時はもう汗びっしょりでした。
先生が、美味しいアイスティーをご用意して待っていてくださりその冷たい紅茶に生き返ったような思いでした。

2013_8_21-Table Lesson-01n
【2013年8月21日撮影:テーブルレッスン】

そんな本日の季節のテーブルは、黒を効かせ、薔薇をモチーフにした涼しげなコーディネートでした♪

講義が3レッスン、実習が1レッスン、4月からトータルで15レッスン+フードスタイリング2レッスン
通常は1日1レッスンの処、先生のご厚意で、駆け足でレッスンしていただいております。

本日の講義は「テーブルマナーと料理の流れ/西洋料理・日本料理」
「色彩とイメージ(色彩学)」「フードスタイリング論」
いずれも色濃い内容でした。

この暑さで「生花」を持って帰るのはお花が持たないのでは・・と、
本日のテーブルフラワーは「プリザーブド」の薔薇
上手く撮れておりませんが、花器に入れたのは黒の薔薇、
ナプキンリングにした薔薇は紫・ラベンダー・白で、とても美しいグラデーションでした。
プリザーブドを扱うのは初めての経験で、緊張しました。

本日もたっぷりのレッスンありがとうございました。


[edit]

テーブルコーディネート&フードスタイリング 7月 

今月2度目のレッスン
本日(30日)は「テーブルコーディネート&フードスタイリングコース」のレッスン
テーマは「日本酒をフレンチで楽しむクールな和洋折衷のテーブル」

この度は8名の生徒さんの参加ということで、テーブルを二つに分けて2パターンのテーブルを
見せていただくことができ、とてもラッキー♪
お料理は同じですが、テーブルの雰囲気はがらりと変わります。

2013_7_30-TC-01n.jpg
【2013年7月30日撮影:テーブルコーディネート&フードスタイリングレッスン】

日本酒をフレンチに合わせるとは考えもつかなかったけれど、最初にいただいた
「雁木」(だったと思うのだけど、記憶が定かではありません/山口県のお酒です)は
活性にごりの発泡酒でとてもフルーティー、多分日本酒が初めての方でも美味しくいただける
お酒ではないかと思いました。

講義は、日本酒の種類から始まって製法や分類・・・
お酒は日常殆どいただきませんが、中でも日本酒は飲まないので、初めて学ぶ知識で
勉強になりました。
普段飲まないのでめっきり弱くなっていると思いますが、「飲めない口」ではありません(笑)

本日は「和モダン」の演出で、絵の方もモノトーンでまとめていらっしゃいました。
(先生のファッションもこの日はモノトーンで♪)
前回も記しましたが、テーブルに合わせ絵を掛け替える・・・なんとオシャレで贅沢!

こちらのコーディネートは「和」のテイスト色濃いもので、美しいグリーンの器は
有田で作られた日本の器で、外国向けに作られたものだということです。
ヘレンドを彷彿させるような美しい器で銀彩がとっても上品でした。

6名のテーブルということでスペースにゆとりがなく、
テーブルには花は飾らず、ボードの上にすっきりと活けてコーディネート
ナプキンリングを生花のカラーとリーフ(名前を忘れました)作り華を添えるという演出

ガスパチョもグリーンで重ね、トマトの赤の差し色が効いてシックなコーディネートの中に彩りが
グリーンはメロンときゅうりのお色です。(エビとかにのガスパチョメロン風味)

お料理もどれも美しく美味しく大満足でした。

料理はやはりひと手間が大事ですね
スピードが命のような私の料理・・新幹線の中で反省もあったレッスンでした(^_^;)
手間を惜しまず心を込めて作れば、美しく美味しい料理が出来上がる

↓は、「洋」のテイストが盛り込まれたモダンなテーブル

2013_7_30-TC-02n.jpg
【2013年7月30日撮影:テーブルコーディネート&フードスタイリングレッスン】

グレーのクロスにピンクのテーブルフラワー(薔薇と蓮の蕾)
グレーにピンクの組み合わせはとっても好きです♪
カトラリーもとてもモダンなスタイリッシュなデザインでした。

ナプキンリングは説明を受けた後、各自が作りましたので、全て基本は同じですが
合わせるナプキンのお色でイメージはがらりと変わります。

こちらのテーブルにはお若いお二人がお座りになりましたが
丁度、おひとりがお座りになっていたので、後ろから撮らせていただきました。
「ひと」が入ると「図(え)」がより一層引き立つ気がするのは私だけでしょうか?

撮る角度や位置で、採光が変わり、微妙に写真のお色も変化します。
テーブルコーディネートも料理も写真も奥が深いです。。

2013_7_30-TC-03n.jpg
【2013年7月30日撮影:テーブルコーディネート&フードスタイリングレッスン】

見る楽しみ
作る(本日は生花のナプキンリング)楽しみ
学ぶ楽しみ
撮る楽しみ

そして・・食べる楽しみ

こころもおなかもしあわせ一杯のレッスンでした♪
ありがとうございました。


[edit]

テーブルレッスン♪ 

2013_7_9-T-C-02n.jpg2013_7_9-T-C-03n.jpg
【2013年7月9日撮影:テーブルレッスン:画像は2枚並べてupしています】

1レッスンが、1時間半
本日も無理をお願いして3レッスン、受けさせていただきました^^

「お酒&グラスについて」続いて「カトラリー&箸について」
最後に「季節のフラワーアレンジメントとテーブル」

グラスのことは多少知識があっても、お酒は普段は全くいただかないので、
知識が乏しく、ワインのことは興味津々。

何でもだが、一つ一つのことが奥が深く、勉強することは無限にあると
改めて思う。

カトラリーは大好きなので(普段は専ら箸ばかりの食事だが・・・(・・;)・・)
この講義そのものが胸躍るもので・・食べ方の文化から始まり食具の歴史、
食具に対する国の意識の違い・・カトラリーの発祥・発展・・等
普段の生活では接することのない奥深い知識に嬉々として対しました。

渡されるプリントには、ほぼ題目しかない事が多いので、先生の話されることを
凄いスピード(私には)で必死に記していく感じ・・(笑)


漢字は大好きで、大人になってからしっかり勉強したので、少々自信があるが、
いわゆる読めれど書けず・・で、先生の話されるスピードについて記そうと思うと
直ぐに漢字が思い浮かばず・・次を聞き逃さないよう遂、平仮名・・(・・;)
しかも後から読み返せないような酷い字で・・・(^_^;)

加齢と共に聴力も衰えている気がするが
耳で聞いたことを「それなりのスピード」で文字にしていくということは
脳の活性化、ボケ防止に役立つような気がする(笑)

パソコンを持参して、話されたことを打ち込めば、書くより随分早い気がするが
持参できるノートパソコンは持ってないし・・
タブレットは全く使いこなしてないし・・・
毎回持って行くカメラだけでも結構な重量であるし・・と
何とか頭をフル回転させるしかない(笑)


本日は和のテーブルに涼しげな和のアレンジ
床の間に活けるいわゆる「生け花」以外の和のアレンジをしたことがなく
オアシスを使ってのテーブルフラワーとしてのアレンジに
どのように入れればいいのか戸惑うばかりであった

箸袋は講義の中で作ったものを使用


本日も盛り沢山のレッスン、ありがとうございました。



[edit]

テーブルレッスン♪ 

フルタイムワーカーとしては、新幹線で出かける月2回のレッスンは気持ち的に余裕がないのだが、
お料理の並ぶ「フードスタイリング」を是非とも受けてみたく・・先週に続き、広島へ。。。
本日はテーブルコーディネート・料理・フラワーアレンジ・フードスタイリングをトータルで学ぶ特別コース。

2013_5_28-Table-lesson-01n.jpg
【2013年5月27日(火)撮影:テーブルコーディネート&フードスタイリング/七夕のテーブル】

先ずは先生による講義から・・・
七夕の由来やしつらい、陰陽五行説等、中身の濃い非常に興味深いお話を聞かせていただく
そして、本日のテーブルの説明、本日の料理レシピの解説があり、先生によるフラワーアレンジ、盛り付け

素材に拘った体に優しいヘルシー料理は大変美味しく充たされた豊かな気持ちで、いただきました。

2013_5_28-Table-lesson-02n.jpg2013_5_28-Table-lesson-03n.jpg
【2013年5月27日(火)撮影:先生によるフラワーアレンジ/写真は2枚並べてupしています】

現在では七夕と云えば「笹飾り」位しか残ってないが、しつらえる材料の中に
昔は「星うつしの器」と云うのもあったらしく器に水を張り、そこに映る星に願いをかけていたということで
そんなお話も大変興味深く勉強になりました。。。
ワインセラーに活けたテーブルフラワーと季節のしつらいの上記「水盤」と竹の節を連想させる花器に
笹と・・・涼しげな・・これは我が庭にもあるのだが名前が出てこない。。。(・・;)
薔薇と同じ頃、花をつけるので、薔薇と一緒に活けることもあるが・・白い楚々とした花姿が可愛い。。
「和」はつくづく「引き算の美」だと思う。。

2013_5_28-Table-lesson-05n.jpg2013_5_28-Table-lesson-08n.jpg
【2013年5月27日(火)撮影:しつらいとテーブル/写真は2枚並べてupしています】

先週とは全く違ったしつらい・・・
計算し尽くされた季節のしつらいの説明を受けて感動。。。
季節によって額をかけ替える・・何と贅沢で素敵なこと・・・・。

2013_5_28-Table-lesson-09n.jpg2013_5_28-Table-lesson-07n.jpg
【2013年5月27日(火)撮影:テーブル/写真は2枚並べてupしています】

「おくらまんじゅう」の「あん」にもおくら使ってあり・・その断面を星に見立てて・・
そんな繊細な料理にこれまた感動。。
右は「冷製トマトのそうめんパスタ」

2013_5_28-Table-lesson-10n.jpg2013_5_28-Table-lesson-13n.jpg
【2013年5月27日(火)撮影:テーブル/写真は2枚並べてupしています】

ワイングラスで、サービスされたのは冷製の中国茶です。。
ジャスミン茶をもっと上品にしたような、とっても美味しい貴重なお茶で、入手が困難とか
馥郁とした香りのする美味しいお茶でした。

左下に写っているのは「七夕~夏を乗り切るパワー食材のミルフィーユ」と命名された料理
とうもろこしのソースが添えてある手のかかった一品。
そして、右の画像は「素麺の揚げ菓子」先生のオリジナルです。
その他に「新玉ねぎのスープ 玄米添え」
どれも舌にも目にも大変美味しく、大満足のレッスンでした。

お料理はひと手間かけて・・・。
日頃のスピードクッキングを反省した時間でもありました。。。

感動を急ぎアップ。。。
今夜は少し手を入れた料理を作りたいと思います。

シンベリンさん、嬉しいメッセージありがとうございます。
お返事が後回しになってごめんなさい。。。
夕飯の支度をしますので・・
後程、ゆっくりとお返事させてくださいね。。


[edit]