FC2ブログ

*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

やっと・・ヘリテージの傍に。。。 

2007.11.25.suzumebachi-1b.jpg


綺麗?
それとも・・おどろおどろしい・・?(^_^;)

夏に・・・モミジの中ほどに隠れるようにして作られたこの大きな球を見てそのおどろおどろしさに声も出なかった。。

以来・・・
傍には近寄ることが出来ず・・
モミジの傍に植えられたヘリテージはロクに剪定も出来ず・・(>_<)

この画像・・・
やっと・・巣穴が空になった「コガタスズメバチ」の巣の一部である。。


-- 続きを読む --

[edit]

36.7℃? 

もっと早くに・・・と思いつつ・・
昨年も決算の書類を済ませた日にインフルエンザの予防接種をと・・病院に行った。。。
昨年は自覚のない「帯状疱疹」に罹ってる状態にて・・当然予防接種は打って貰えず・・
すごすご病院を後にした。。

今年も・・やっと決算書類が一段落し・・・今日病院に・・・
申し込み問診表に必要事項を記入し検温・・・
36.7℃・・・・はっ?

私は低体温である(-_-;)・・・全然自慢にならないが・・平熱は最低34.9℃~最高36.3℃・・・
35.8℃位であることが多い。。。
その平熱より1℃も高ければ・・ちょっと身体がふわっとした感じ。。。

風邪を引いてる風はなく(鈍感だから自覚症状がないのかっ)熱がある風でもない・・・

36.7℃だなんて・・・驚き。。。
「えっ・・・高い。。。予防接種無理かも。。」なんて即座に思ったものだ・・(・・;)

ま・・・打って貰ったんだけどね・・・

実は昨日・・・「台湾式足裏マッサージ」を初体験・・・
一緒に骨盤矯正(カイロプラクティック)の施術も行って貰った。。

「骨盤矯正」が体温が上る・・と聞き・・近くに施術してくれる処はないかと4,5日前にネット検索・・・
車で5,6分の処にお洒落な建物の健康サロンを見つけ早速電話。。
低体温であること・・ここ1,2年手足に冷えを感じることをお話すると「台湾式足裏マッサージ」を勧められる。。。

台湾式の足裏マッサージは飛び上がる程痛いと聞いていたので・・していただくつもりはなかったのだが・・(・・;)
「健康な方はそれ程痛くはない」とのお話・・・(益々・・怖いではないか・・・)
「痛いようならソフトにお願いできますか?」と云えば・・そうしましょうと仰ってくださったので・・・初体験の運びとなった・・

結論からいけば・・・飛び上がる程の痛みはなかった。。
・・が決してリラックスタイムではなかった。。。部分的にきつい個所もあったが・・
「普通の強さで圧していますから・・この程度(痛みの感じ方が)なら大丈夫(健康)ですよ」と。。。
それでも今日は足裏と膝下から足首にかけてゴシゴシって感じで圧してくださった場所が触ると痛い・・・・(>_<)

慣れれば施術後の痛みもなくなるのだろうか・・・?
もう一度・・って云われれば・・躊躇するかも・・(^_^;)

唯・・・今日の検温結果が昨日の施術の効果なのだとしたら・・考えてもいいかも。。(^_^;)
取敢えず・・・翌日に「圧した後の痛み」を残さない程度にお風呂の中で念入り足裏マッサージかなぁ・・・
痛いのはやっぱり苦手~``s(・。・;)

身体の歪みは・・・万年肩こりだし・・
足を直ぐ組む癖があるし・・PC時間も長いし・・相当なものだろうと思っていたが・・
こちらもたいしたことはなかった。。(感謝)

1週間に1度であっても丸8ヶ月になるヨガの効果もあるのかもしれない。。。


・・で・・こうして病院から戻って直ぐに打ち込み・・・
今・・検温したら・・36.2℃・・・( ̄  ̄)
もしかしたら・・予防接種が怖くて・・防衛本能(熱があると打てない)で一時的に微熱状態になったのか・・・^m^pupupupu


さて・・・・今日も夫の居ない夜・・・(二泊三日の四国の山縦走の山歩きにてお出かけ)
遅くなった昼食の大量に食べた「夫留守の定番惣菜、卯の花の炒り煮」が未だ胃の中に留まってる感有りにて・・
今夜はプロテインで済まそうか^m^

あぁぁ・・・チョコレートが食べたい。。。

[edit]

美味しそう♪こちらはレシピ・・アップしていないんですか? 


先日のパーティーに使った湯布院の無添加ドレッシングをお土産をくださったSさん・・
お仕事のお付き合いで定期的に来てくださる若いお嬢さま。。

いただいたお土産のドレッシング・・先日のパーティーでも美味しくいただきました・・という話しから・・
仕事が一段落したところでアップしたページを見ていただく

嬉しいお言葉をいただいて・・
「鯛のボンヌ・ファム」の画像を見て彼女が云ったのが本日の記事の表題。。。

「あ・・これね・・・レシピはアップしていないわ・・(^_^;)
意外と簡単なのよ・・」と手順を口頭で云えば・・・
「何だか難しそうですね・・・」
「そうでもないわ・・よかったらレシピ・・焼きましょう(コピーしましょう)か?」
「いいですか?(*^_^*)」

・・・で自宅から年季の入った愛読書を持ってきて・・コピー

そして本の料理の写真を見て・・
「何だか違う料理みたいですね(゜o゜)・・・これだったら作ってみようと思わないかも・・」と笑い乍彼女。。

恐れ多くも辻調理師学校校長「辻静雄」監修のフランス料理の本
辻調理学校フランス料理専攻科卒業活躍中のプロのシェフの作ったそしてそれをプロのカメラマンが撮った「舌平目のボンヌ・ファム」の写真である

当然・・私のいい加減な拙い料理より本の写真の方が美味しそう・・と思う方が大方の筈だ
それを「辻静雄」先生を知ってか知らずか・・さらりと彼女はそう云った・・・

「ほうれん草のバターソテー」を敷いた彩りのそして・・美しい器ロイヤルコペンハーゲンの効果だとしても・・・
私の撮った写真の方が美味しそう・・なんて・・なんとも嬉しい言葉ではないか・・・

ブールマニエを作るのは面倒(^_^;)なので・・・
「生クリームを加えた煮汁をかき混ぜ乍ブールマニエを少量づつ加えて濃度を調節する」工程を・・・
「生クリームを加えた煮汁に小麦粉(しかも全粒粉(^_^;)・・)をいきなりパラパラ・・・そして適当な量のバターを直接入れまぜまぜ・・(^^ゞ」
次回・・同じ(濃度の)ものが作れるかどうか分からないいい加減な調理である。。

そんな料理の写真に・・・彼女の言葉が嬉しくて・・・・
恐れ多くも・・・・記念(?)に記事にしてアップ。。(笑)


2007.11.21.Book-2.jpg

【辻 静雄 著書:「おそうざい風フランス料理」の1ページ】

[edit]

Birthday Party 

2007.11.14.Birthday-Lunch-144-3b.jpg

【2007年11月14日撮影:Birthday Lunch】

友人達のBirthdayのお祝いのテーブル作り。。。
テーブルのあれこれを考える至福のひととき。。。
そして・・当日の弾けるような笑顔と楽しい語らい。。。
最高にしあわせな時間。。。


-- 続きを読む --

[edit]

青の器 : 私の「うつわ物語」 

歳を重ねる毎に・・・和皿の良さが分かるようになり・・
特に漆器のその凛とした美しさは見事だと思える。。。


それでも・・・洋食器には未だに憧れがある。。。
きっと・・この憧れは・・ずっとずっとつづくに違いない。。。

外国航路の船員さんの多い町で育った。。。
友達の家に遊びに行くと珍しい外国の置物があったり・・
お土産に貰ったり・・・

サイトでも以前同じことを書いた気がするが・・
ハーシーのキッスチョコは・・田舎町にあって・・・
私の遠い外国(未知の世界)への入り口であった・・・

小学校に行く道すがら毎日誘いに行った同級生のお父さんも外国航路の船員さんだった。
彼女のお誕生日会とかに外国の珍しい話をしてくださったり・・
それをワクワクで聞いていた私。。。
今でもしっかり憶えてる「怪談ばなし」・・・・
情景は違うのだが・・
あの怪談話もその先に・・ハローウィンの黒とオレンジが思い浮かぶ・・・

・・・でそのキッスチョコを・・必ず彼女(同級生)より先に顔を出してくださった彼女のお母さんが・・時々持たせてくれたのだ・・・
これから学校だというのに。。。(笑)

大真面目な少女だった私は戸惑いつつも・・その時には意識していない「憧れ」を手にし・・それをランドセルに仕舞いつつ・・嬉しかったのを憶えている。。。

家にも・・・叔父達が持ち帰ったレトロな絵葉書が沢山あって・・
それ(外国の風景の絵葉書)もまた・・未知の世界への入り口であった。。

今でこそ・・・
ガチガチ和食(笑)の我が家の朝の食卓であるが・・・
私の幼い頃の朝の食卓は紅茶にトーストだった・・
全然・・お洒落でもなんでもない食卓だったが・・
紅茶は茶漉しを使って淹れるミルクティーだ・・・
勿論リーフティー
(いや・・当時は多分ティーバックなるものは売ってなかったのだろう)

こんな背景が一つの要因でもあるかもしれないが・・
「洋食器」は私にとって・・あの頃のワクワクの「未知の憧れ」なんだと思う。。。

が・・しかし・・・

悲しいかな・・・我が家の普段の食卓は・・圧倒的に和膳。。。
夫に強要されてるわけではなく・・私の「健康オタク」所以である。。(^^ゞ

洋食器をずらーっと並べたテーブルから・・もうなんとも云えない喜びを感じる。。。
パーティーは・・・
一番は友(家族)との語らいの「しあわせな時間」作りであるが・・・
洋食器を並べたいからせっせと料理を作ってる・・と云えなくもない・・(笑)

・・・でその和膳に合う洋食器を・・・と
もう・・洋食器の種類(シリーズ)は増やさないと決めていたのに・・
ロイヤルコペンハーゲンに手を出してしまった。。(^_^;

いや・・洋食器に興味が注がれるようになった当時は・・ロイヤルコペンハーゲンの「ブルーシリーズ」はとても手が出なかったのだ。。
加えて・・・当時の私は金彩の入ったものにとても惹かれ・・・
(・・・でWWのコロンビアセージグリーンと相成るわけだが・・こちらも勿論当時買える筈がない・・(^^;・・・)
ロイヤルコペンハーゲンよりウエッジウッドだった。。。

初秋に購入した
使いまわしの効く19cmのプレート・・
我が家の食卓で手にしたそのロイヤルコペンハーゲンに・・
体の奥底から湧き出るような静かな感動。。。

で・・それから幾日もしない間に(それでも凄い逡巡しつつ)購入した「煮物皿」(笑)にとスクエアボール

結局少人数の「洋のテーブル」が出来るだけのものをあっという間に買ってしまった。。(^^ゞ
もう長い習慣になる「その年のクリスマスの為の積立貯金」はクリスマスが来る前に使い果たしてしまった。。(^_^;A

それでも・・ロイヤルコペンハーゲンのティーカップだけは手を出さないぞ!とこころに決める!
ティーカップを買うとティーポットが欲しくなるからだ・・(^_^;A
(欲しくても買えないティーポットが未だ2つもある・・笑)

ロイヤルコペンハーゲンのブルーシリーズは「ティー」なくあくまで「食事」用!
(この項を後から削除せねばならないようにしなければ・・( ̄  ̄;)・・)

使ってみる迄分からなかったが・・
フラットで深みのないWWのプレートと違い・・少し深みのあるプレートは殊の外使い易い・・
少し重いが厚みがあって取り扱いも余り気にならない。。
そして・・
「有田焼」のような色と絵柄は煮魚を盛っても全く違和感がない。。(笑)

深いブルー(紺)のクロスにブルーフルーテッドを並べて・・
ホワイトクリスマスのイメージでテーブルコーデネートしたら・・素敵だろうなぁ・・とワクワクするが・・・
4人分では家族会ももみの木会も使えない(爆)

4人分買い揃えている間に・・ロイヤルコペンハーゲンは驚く程、高騰した。。(-"-)
ただでさえお高いのに・・益々手の届かない器になった。。。

この「青」に惹かれる日本人は多いだろう。。

一昨日の「Birthday Party」も料理は元よりこの青い器に友人達はとても喜んでくれた。。。


2007.11.14.Birthday-Lunch-117nemu.jpg


よかったら・・・
一昨日のテーブル・・こちらからご覧になってください。。
後程・・(HP容量を気にしなくてよい・笑)こちら(ブログ)で大き目の写真を幾つかアップします。。


[edit]

まったくもって許しがたし!(▼▼メ) 

10月6日トーマスを植え替えたをかわきりに・・
ボツボツと薔薇の植え替え・・
トーマスもすこぶる元気が無くなって・・・これはコガネムシに違いないと・・・
気になりつつの10月6日の植え替え・・・

今日迄に植え替え完了した株が
「マッキントッシュ」「キャサリン」「小株キャサリン」「シャリファ」「シャルロット小株」「ロンサール小株」「ノワール」「ダービー小株」「ソング・オブ・パリ」「レッド・シンプルシティ」「オーギュスト・ルノアール」「ザ・ピルグリム」・・・・

早々に植え替えたトーマスはみるみる内に元気になって・・今美しいグリーンの葉を一杯茂らせ・・植え替え後3輪程花を付けた・・

昨年・今年と・・子株とは思えない程の株になり沢山の優雅な花を一杯咲かせてくれたキャサリン・モーリー・・・
こちらも様子がおかしいと思えば・・2本の幹の一本が根元から折れた・・・
忙しくて暫らく放置していたのだが・・11月3日・・やっと植え替え作業してみれば・・
またもやコガネムシ・・(▼▼メ)
もう根っこは殆ど無いに等しく・・・やはり今ひとつ元気の無いシャリファ(こちらはコガネムシに非ず)と共に思いっきり強剪定・・・
何しろ根っこが無いのだから・・と・・ひと回り小さなコンテナに植え替え・・

そして・・今日・・急激に元気のなくなった「ザ・ピルグリム」の植え替えをすると・・・
土はまったく根っこについてこない状態でスポッと抜けた。。(T_T)
(元気な株はコンテナにまったく土が残らない状態で綺麗に鉢の形に抜ける)
養分を吸い上げる細い白い根は皆無・・・
枝のようになった根のみ・・まるでゴボウでも抜いたような状態だ・・・
コンテナをひっくり返してみると出るわ出るわ・・コガネムシの幼虫・・・
11月だぜ!一体いつ産みつけたのさ・・・(▼▼メ)
その数29匹!トーマスの時の約2倍・・・
これでは根っこは無くなる筈だ・・

こんなになる迄気がついてやれなかったお世話係を許しておくれ~~(T_T)
とピルグリムに懺悔しつつ・・やっぱりひと回り小さなコンテナに植えつける・・

そして・・負担にならない様・・これでもかっ!という強剪定。。
見事になくなった根っこ・・
ピルグリムはダメかも知れない・・と思いつつ・・真新しいネームプレートを用意する・・・

2007.11.11.Roses-2.jpg

【植え替え直後のザ・ピルグリム(手前)】

2007.11.11.Roses-1.jpg

【3日植え替えののシャリファ(奥)とモーリー・・そしてピルグリム】

大きくなった子株のモーリーも立派なピルグリムもシャリファーと同じサイズのコンテナに植えていたのだ・・

根っこが無くなったような状態のモーリーから新葉が吹いてきたのだから・・・
ピルグリムも何とか再生するだろうか・・・
祈る気持ち。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年の植え替えは先ず鉢の底に「くん炭」を敷き詰め・・・ブレンドした土にも少量混ぜ合わせ・・
植え替え後の表面にも「くん炭」をばら撒いてみた・・・


[edit]