*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

東北地方太平洋地震 緊急要請 


11日、東北・関東を襲った地震はこの世のものとは思えない大惨事で、
毎夜繰り返し繰り返し放映される現地の状況に言葉も見つからず、何をすればよいのかも分からず
休みなく続く仕事を黙々とこなす毎日を過ごしています。

以下、関東地方に住むお友だちの「フランネル」さんのブログ記事からの抜粋です。




若泉様のブログから以下の要請がございました。

このたびの甚大な被害をもたらした東北地方の地震、私には何が出来るかと思っていたところでした。。
一人で出来ることはほんの些細なことですが1人よりも10人、10人よりも100人です
皆様の暖かなお心を被災者の方々の助けとなりますよう・・・よろしくお願いいたします。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *



ブログ等をお持ちの方、このまま下記の文章をコピーしてお持ちのブログに貼り拡散し、
お知らせくださるようお願いいたします。若泉


岩手出身のものです。
今回はみなさんに伝えたいことがあり、書かせていただきました。
ぜひ、読んでいただきたいです。
みなさんに、お願いがあります。

まずは、節電をお願いします。
切実にお願いします。

そして、1番お願いしたいのは、電話回線を用いた電話をぜひ控えていただきたいです。
わりと繋がるようにはなりましたが、まだ緊急に必要としている人がいます。
命からがら、残りわずかのバッテリーで、被災地から救助を求める電話を必死にしている人がいるかもしれません。
自分がかけようとしてる電話は、命に関わるモノか、少しだけ考えてください。
あなたの使った、たった1分の電話回線で助かる人がいるかもしれません。
誰かの安否を案ずる場合は、インターネットの安否確認のサービスを。
コレを見ている方は、最低限のインターネットが使えるはずです。

連絡手段は、電話やメールより、Twitterを始め、Skypeやmixi、facebook、Viberなどの
ネット回線の方が圧倒的に繋がりやすいです。

使える方は、ネット回線を有効に使ってください。
特に東北は、高齢者が多いです。

インターネットにうとく、電話に頼るしかないお年寄りも多いんです。
その方々のためにも連絡手段を譲ってください。
私も実家と連絡を取りたいですが、向こうが停電中というコトもあり、
バッテリーの残りも考え、メールで何通かやり取りしただけです。

電話は、全国が落ち着いたら、改めてしよう。と約束しました。
私の両親は、携帯電話は使えますが、携帯用充電器の存在や、車での充電など、
私たちが当たり前のコトも知りません。
教えたところで、モノが手に入らないんです。
そんな人たちが電話をかけたい時に、繋がらないコトによるバッテリーの消耗を極力減らしたいんです。
だから、お願いします。


私たちの世代は、ネット回線をフル活用してください。
わからなければ、少し勉強してください。わかる人に聞いて下さい。

そして、大事なコトは、ネットに出回る情報を、きちんと判断してください


デマも流れている現状です。
混乱せずに、判断してください。
誇張したり、事実が歪んでいるケースも多々あると思います。
情報化社会にいるからこそ、見分ける目を。

そして、日本人であるコトに誇りを持ってね。
日本人は、本当にすごい民族だよ。

最後にもし届くなら。
マスコミの方々へ。
CMも挟まず、24時間休まずの、必死な報道ありがとうございます。
お疲れさまです。

しかし、もし声が届くなら。
どれだけ被害がひどいかや、被災者の様子だけではなく、避難した方々がどう動いて、どこに行けばいいかを。
これからのコトを教えてください。

地元でラジオにかじりつく人は、それをきっと求めています。
被災地の方々は、被災地のリアルを、マスコミよりも知っています。
帰宅難民の方々は、何よりも交通情報と避難場所を求めています。

被災状況の把握も大切です。
だけど、被災者に寄り添った報道を、今以上にしていただきたいです。
もちろん、心からの敬意を込めて。

ネットにはデマも流れます。

被災者はこれからどうすればいいか。
避難所の案内や、救援物資などの配給場所、行われているサービス、伝えていただきたいです。

そして被災地から離れて、被害が軽かった人たちには何が出来るか。
なにかしたくても、何をすればいいかわからずにいる人たちには、何が出来るか。
きっかけがあれば人は動きます。
スタート地点に誘導してください。

この震災のなか。
必死に休まず働いてくれている方々。
ありがとうございます。
感謝と敬意を込めて。

続く大きな余震。
地震酔いに気を付けてください。

読んでいただいて、ありがとうございました。

Google地震災害情報ページ
http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011.html
東北地方太平洋沖地震


[edit]

22㎝の「ストウブ」 

2011_1_16_STAUB-01n.jpg
【2011年1月16日撮影:黄色のストウブ】

新年早々の自分へのお年玉・・・
届いて暫く忙しさで封も開けられず・・・
やっと開封して・・数日はまた写真も撮れず・・・
そして・・2ヶ月も経って・・やっとアップ?

いそいそとテーブルに置いて眺める妻に
赤い鍋と何が違うん?」と呆れた様子の夫
「サイズとメーカー( ̄0 ̄)・・」と妻・・・

ル・クルーゼとストウブの(機能の)違いは何かと問われたら・・実のところ
全然説明できない・・・

煮物(おにしめ)の好きな夫・・和食が主の我が家の食卓にあっては
なんとなく、頻度が高いのは24㎝のル・クルーゼ「ココット・ジャポネ」か・・・
鍋の高さ(?)が普通のものより少々浅く、色々な種類の野菜を煮るのに非常に使い勝手がよい・・

ル・クルーゼは本当に可愛いのだが・・ストウブのフォルムもとっても「ツボ」
何枚も撮ったが、うまく肉眼で見る黄色に撮れない・・
何とも云えない魅力的な黄色・・・

仕事が忙しくて思う程使いこなせてないが・・本日の夕食にも登場
里芋と人参・こんにゃく・インゲンの煮物

鍋料理は(調理している過程が)何となく気持ちがほっこりするというか
豊かな気持ちになれるというか・・
ガス台に鍋がある風景は好きだ。。。

もっともっと・・ゆっくりと「家のこと」に費やす時間が欲しい・・と思いつつ
「仕事」をやってるのが性に合ってるのでは・・と思う今日この頃・・・

一昨日・・
定時になっても仕事をしているスタッフに・・
「○○さん・・もう6時よ・・もう帰らないと・・」と夫(社長)
「あ・・帰ります・・もう少しでこれ、終わるので・・」とスタッフ
「そんなに頑張らなくてもいいんよ・・・こっちの人も・・黙っていたら
いつ迄たってもずーっと仕事やってるんだから・・┐( ̄0 ̄)┌・・」と

よく云えば一つのことに没頭する芸術家肌・・・
悪く云えばケジメ時間配分のできない邁進バカ・・・って感じかな・・

あ・・「こっちの人」σ(・・;)の話ね・・・(笑)


[edit]

やっと入れた。。。((+_+)) 

2月20日?22日?に新体制(?)への移行手続きをしなくてはいけなかったらしいのだが・・
仕事が忙しくて・・ブログも全く手付かず・・・
2ヶ月振りに更新しようとしたら・・管理画面には入れない・・・移行手続きの画面には入れない・・

サポートにも何度かメールしたが・・1度目の返事は全く役立たず・・
2度目は返事が来ない・・FC2ブログはこのまま放置して・・他のブログを・・とまで思ったが・・・
何だかよく分からないけれど・・管理画面に入れた。。。
(もしかしてサポートの方で操作してくださった??)

一度「歴」を残したいのと・・目障りな「広告」を消したいので・・
どっちでもいい記事だけど・・急ぎアップ・・
仕事に戻ります。。。


再度管理画面に入れるといいのだけれど・・・(不安)

[edit]