*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

Congratulations! しあわせな一日 

2015_10_26-Weding-161n.jpg
【2015年10月26日朝撮影:結婚式での花束♡】

朝から・・150枚以上撮っただろうか・・・
そのまま2次会に向かう新郎新婦の荷物全て受け取って「アーククラブ迎賓館」を後にしたのは20時30分も回った頃・・
15時30分からの挙式・・披露宴が終わったのはもうどっぷりと日も暮れた頃である。

沢山のサプライズがあって驚きの連続であったが、両母への花束・・
「一部の挙式」であれば・・帰宅後すぐにカメラのシャッターを切るところであったが・・
既に寝る時間も近いとあっては、この状態で何とか翌朝まで持って欲しいと祈りつつ・・
何だか・・興奮冷めやらぬ感じで・・(最近は22時近くになると睡魔が襲ってくるのだが)
立場上、幾場も撮れなかった写真の整理を夜中2時半までしていた。

-- 続きを読む --

[edit]

春菊♡間引き初収穫♪ 

2015_10_21-momo-02n.jpg2015_9_23-Shungiku-01s.jpg
【2015年10月21日撮影:春菊間引き菜/2015年9月23日撮影:春菊の双葉】

9月に種まきした春菊が食べれる大きさになってきた。
混んでいるところをちょこちょこ間引いて味噌汁の具にしたりしたが、
これだけ間引いたのは初めてである。

土からすうーと抜ける感覚が楽しかったらしく孫が凄く喜んで間引いた春菊。
大阪育ちのSちゃんも野菜作りには無縁だったようで、季節毎の我が庭の僅かな野菜たちに
感動し、孫と同じく「すぅーとと抜けるのが気持ちいい♡」と春菊の初収穫を喜んで(?)いた。

-- 続きを読む --

[edit]

色付く秋の庭...と冷蔵庫 

よい季節になってきました。
この季節の朝の凛とした外気・・遠くで感じる大好きな金木犀の香り・・
外気の冷たさが増す度、わくわくが増す。。。

2015_10_12-Garden-01n1.jpg
【2015年10月12日撮影:リビングの窓ガラス越しの庭】

ヤマボウシは未だ青い葉が目立つが、ハナミズキは既に紅葉が始まり、かなり赤く色付いているものも・・・。
相変わらずスィートアリッサムは元気だ
毀れ種で随分と広がり、ブルーベリーの足元も覆い尽くした・・
一度刈れば良いのかもしれないが・・・
本来の種蒔きの時期を逸し、ネモフィラと共に咲いたのだから最初に咲いたのは昨年の6月頃?
何しろ少なくとも1年以上・・厳冬を乗り越え、酷暑をももろともせず咲き続けているのだから、
刈るタイミングが分からない・・
本来は多年草らしいが、高温多湿の日本では一年草として扱われるらしい
弱弱しくさえ見えるのに芳しい香りを放ちつつずっと咲き続けるスィートアリッサムに只々驚くばかりで・・
我が庭の環境が気に入ってくれたのであればこんな嬉しいことはない。。(*^。^*)

(我が庭では)花の少ない季節であるが・・・この枯れ行く季節が、歳を重ねる毎に好きになる


-- 続きを読む --

[edit]

テーブルコーディネートと料理を楽しむ会♪シノワズリ&薬膳 【料理編】 

2015_10_4-TC-821n.jpg
【2015年10月4日(日)撮影:シノワズリなテーブルコーディネート&薬膳】

「テーブル編」に続き、「料理編」のアップです。
この度のテーブルは「シノワズリ」メニューは「薬膳」でした。

漢方薬局へ行かなければ手に入らない「生薬」ではなく、スーパー等で簡単に手に入る食材を使って
これからの季節に向けての「薬膳」です。
(メニューは一部を除き「千葉大学病院の薬膳ごはん」という著書のレシピを参照)
1日と4日のレッスンのテーブルは同じですが、4日の採光が良かったので写真は
4日撮影のものをアップしています。

2015_10_4-TC-799n.jpg2015_10_4-TC-803n.jpg
【左:一人分のセット/右:蜂蜜大根】

メニューカードもランナーの模様に合わせて「双喜」のデザインを印字しました。
右はウェルカムドリンクの「蜂蜜大根」です。喉の痛みや咳を鎮める民間薬です。
母が良く作ってくれていたもので、息子たちが小さい頃、風邪気の時によく作って飲ませました。
「蜂蜜」の薬効は、誰もが知る処ですが、大根には痰を切る働きがあり、その相乗効果で、喉の変調に本当によく効きます。

2015_10_4-TC-834n.jpg2015_10_4-TC-825n.jpg
【左:ローズビネガー/右:小松菜と鮭のサラダ風】

ネットで乾燥プレス野菜を購入していますが、そちらのサイトにあった無着色、無香料の「薔薇酢(ローズビネガー)」を
今回の「テーブルと料理を楽しい会」の為に一緒に購入しました。
右は「小松菜、レンコン、鮭のフレーク」が主材料。こちらも喉の痛みや咳を鎮め風邪の症状を緩和する効果があります。

2015_10_4-TC-837n.jpg2015_10_4-TC-844n.jpg
【左:野菜の塩麹和え/右:薬効茶】

疲れ目、充血、乾き目の項目にあった一品です。

漢方では目の異常は肝の疲れからと云われ、現代では食品添加物などから毒素を溜め込み易く
その毒素を排出する働きのある肝臓の機能を引き上げる食材を摂ること、栄養学的には目の乾きには
ビタミンAが有効でその代表格に人参は目の疲れ、夜盲症、視力回復にも効きます。
麹菌は消化吸収を促進し代謝を促すビタミンを作ります。

本日も「プチ効き茶」を^^
本日飲んでいただいたのは、「ごぼう茶」「びわ茶」「杜仲黒烏龍茶」「クマ笹茶」

2015_10_4-TC-848n.jpg2015_10_4-TC-852b.jpg
【左右共:長ねぎと豆腐のスープ】

「風邪にはネギ!」と云われる程、白ネギは古くから薬効野菜として用いられてきました。
気血の巡りを改善し、体を温め、発汗作用や解熱作用にも優れた野菜です。
その白ネギが本日の4人分の量で、一本と、ニンニク、生姜がそれぞれ一片入っていて
飲むと直ぐに体が熱くなります(温まります)
レシピには「木耳」は入っておりませんが、マイブームの木耳も投入し、更に栄養価up!

2015_10_4-TC-867n.jpg2015_10_4-TC-860n.jpg
【左右共:さつま芋とエビのコロッケ】

1日は「鶏のから揚げ甘酢がらめ」を作りましたが、「生姜、ニンニク、長ネギ」と甘酢をから揚げに
炒め絡めるので、「鮭の揚げ煮」と材料が被る為、コロッケに変更しました。
鶏肉は気を補いおなかを温める作用がありますので、寒くなるこれからの季節にはぴったりです。

コロッケは「肌の悩み」の項にピックアップされてる一品です。
食物繊維豊富なさつま芋が便秘に有効で巡りを良くする海老が肌に栄養を行き渡たせ、
肌の悩みに効きます。
とろけるチーズもたっぷり入っています。

2015_10_4-TC-871n.jpg2015_10_4-TC-880n.jpg
【左:鮭と針野菜の揚げ煮/右:針野菜】

鮭の赤い色である「アスタキサンチン」には強い抗酸化作用があり、良化防止や生活習慣病に優れた効果があります。
こちらも文句なしに美味しです♪
鮭と針野菜とのバランスが絶妙で、試作した後も何度も作りました♡
針野菜の材料は「大根、人参、茗荷、生姜、白ネギ、カイワレ大根」
白髪ネギだけでも充分美味しいですが、他の野菜の風味も加わり本当に美味しくいただけます。
前日の夜、コロッケは揚げるだけの状態に下ごしらえ、針野菜は切って水に放ち(各素材毎に)
それぞれ保存容器に入れ冷蔵庫に・・(人参に含まれるアスコビナーゼと云う酵素がビタミンCを
壊す働きをする為)当日盛り付けの直前に合わせてテーブルに・・。

2015_10_4-TC-886n.jpg2015_10_4-TC-893n.jpg
【左:キヌア入り粥/右:杏仁豆腐】

キヌアはNASAの宇宙食として採用される程栄養価が高いスーパーフードです。
必須アミノ酸9種類を全て含み、サポニンやフォトエストロゲンも含まれることが分かってきました。
我が家では毎日炊くお米にキヌアを混ぜて食べています。
前々回好評の「梅干し」を添えて・・・。
杏仁豆腐は市販品です。
杏仁豆腐は元々咳止めの薬膳デザートでした。

杏仁豆腐と温かい「クマ笹茶」をいただいて、レッスンは終了です。
沢山のご参加ありがとうございました。
次回は「クリスマスのテーブル」です。

※記事の文中には著書「千葉大学病院の薬膳ごはん」と「薬膳&漢方の食材事典」から引用している文章があります。





-- 続きを読む --

[edit]

テーブルコーディネートと料理を楽しむ会♪シノワズリ&薬膳 【テーブル編】 

2015_10_4-TC-807n.jpg
【2015年10月4日(日)撮影:シノワズリ&薬膳のテーブル】

1日に続き、本日のレッスンも無事終了し、ほっとしています。
前夜、下ごしらえの準備をかなりしておりましたので、本日の調理はスムーズで
「一人でするサービス」としてはまずまずの出来であったと思います。
(1日は友人のお手伝い付♪Thanks!!)
1日のメニューと一品変更しましたが、本日のテーブル、料理とも大好評でした。

「シノワズリ」とは17~8世紀にヨーロッパの国の人々が、神秘的な東洋の魅力に憧れ、
西洋的な生活様式の中に東洋的なものを溶け込ませたスタイルのことで、「シノワズリ」は
フランス語で「中国趣味」と云う意味になります。

幅広のランナーはネットで購入したもので、「中国テイスト」のものを随分探し回りましたが
売り切れ状態が多く、やっと見つけた一枚・・と云う感じです。
チャイナドレスを作る為の布のようですが、図案になっているのは「双喜」です。
「喜」を二文字繋げてデザインしたもので、「ダブルハピネス」とも云い、めでたいこと、お祝いごと等に
用いられるもので、結構好きです。
この布を先ず決めて器等を決めていきました。

ロイヤルコペンハーゲンの藍と白の染付磁器もシノワズリの影響により生み出されたもので、
当初ヨーロッパには白と藍色の美しい磁器を作る技術はなく、白と藍の磁器に強い憧憬があったようです。
東洋の影響を受けた磁器としては、マイセン、ヘレンドが有名です。

2015_10_4-TC-811n.jpg
【2015年10月4日(日)撮影:シノワズリ&薬膳のテーブル】

階段の踊場からの撮影ですが、「上」から撮ると、縦横真っ直ぐに並んでいないのが良く分かります(^_^;)

本日は気持ちの良い秋晴れで、採光も十分だったので、シャンデリアの灯りなしでの撮影が出来、
ほぼ肉眼で見たままの色に撮れて満足しています。

薬膳メニュー及び料理の写真は明日アップいたします。


[edit]

テーブルコーディネートと料理を楽しむ会♪シノワズリ&薬膳 

2015_10_1-TC-001n.jpg
【2015年10月1日(木)撮影:テーブルコーディネートレッスン】

本日は雨・・・
お足元の悪い中ご参加くださった皆さまありがとうございます。

初めての「薬膳」でしたが、好評の内に終えることが出来、自身もとても満足しています。

スーパーで簡単に手に入る食材を使っての「薬膳」
これからの乾燥する風邪を引き易い季節に向けてのメニューを選び
食材の話もたっぷりさせていただきました。
お茶は「緑の血液」と呼ばれる程血液浄化作用の高い「クマ笹茶」を用意しましたが、
その他にも「杜仲黒烏龍茶」「柿の葉茶」「クコ茶」等・・「利き酒」ならぬ「利き茶」状態の
楽しく充実した時間にもなりました。
ご参加くださる方の「健康意識」も高く、
季節毎の「薬膳」のレッスンを出来ればよいなぁ・・と思っています。

採光の悪い中での写真撮影で納得のいく写真は一枚も無い状態でしたが、
4日に同じテーマでレッスンを行いますので・・・ご参加いただく方の楽しみの為
全体写真は控えての記事アップです。

前日は息子家族が夕食に来たのもあって・・
準備もオーバータイムで就寝が3時だったので流石に疲れて・・夕方1時間の仮眠をいたしました(笑)

普段は睡眠はたっぷりと・・・と
出来るだけ6~7時間寝るように努めています。。

庭は日毎に秋色に染まっていきます。

[edit]