*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

感激の美しさ。。。 

シルバーカトラリーには長い長い間憧れつつも・・
その値段の高さ、何よりお手入れを思い、やっと手に入れたのは5年前
中でも美しいエングレーヴィングが施されているフィッシュナイフには強い憧憬がある・・・

・・が、中々、フィッシュナイフまでは買えないと思っていたし・・
ネットで探してもエングレーヴィングが施されているものには出会えなかった。。

この度、素晴らしく美しい「デザート用」カトラリーセットに出会い・・・
贅沢だと思いつつ購入を決めた。

2013_6_19-Tea-01n.jpg
【2013年6月19日(水)撮影:友人とのTeatime】

アンティークが嫌いなわけではないが、一度「骨董市」なるものに行く機会があって・・
(和のものが殆どだったのでそうだったのかもしれないが・・)その際の骨董の独特の「匂い」が
ちょっと苦手あると感じた。
そんなわけで、シルバーカトラリーや器の購入にあたって、「アンティーク」が選択肢に入ることは
なかったが、アンティークカトラリーがこんなにも美しいとは衝撃的だった。

このデザートナイフは使用されず大切に仕舞われていたのではないかと思う程美しく、
とても100年以上の時を経たものであるとは思えない。。

2013_6_17-Antique silver-02n
【2013年6月17日(月)撮影:アンティークのリネンと共に・・・】

刺繍入りのリネンはドイツのYさんからのプレゼントで、私の宝物の一つ。。。
同じく刺繍入りのナプキンと一緒にお送りくださったこちらも美しいアンティーク・・♪

いつものことだが何枚撮っても、私の腕では実際に肉眼で見る美しさには撮れない。。(・・;)

2013_6_13-Antique silver-01n
【2013年6月13日(木)撮影:届いた日の夕方に・・・】

エングレーヴィングは片面のみのものが多いようだが
このデザートナイフはエングレーヴィングが両面に同じように施されている


もう1ヶ月以上前からの友人との約束のTea・・・
本日初披露。。。
友人も大層喜んでくれて、癒しの時間に華を添えることができた。。


☆。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆


シルバーと共に・・マザーオブパール(白蝶貝)の虜になってしまいそう。。。







以下、購入ショップサイトの商品紹介
「消えて」しまう前にコピーを取って保存しておいた。。。
(出会った時点で、2組は売約済み、残り4組が私の手元に)

次世代にも大切に使って欲しいから・・こちらにも記録

サイズ ●ナイフ長さ20.8cm、重さ63g、
フォーク長さ17.2cm、重さ46g
製造場所 ●英国 ロンドン 1906年
メーカー ●Gold Smith & Silver Smith Co.
エルキントンやマッピン&ウェッブと並ぶ大メーカーです。
ビクトリアン時代から優れた銀器を数多く作っています。
コンディション ●エクセレントコンディション。
ブレード部分は純銀で,両面に葡萄の装飾がエングレーヴィングされています。

1906年にロンドンで作られた白蝶貝のデザートセット。
両面にチャーミングな葡萄の装飾がほどこされ,ハンドルは輝きの美しい大きな白蝶貝で作られています。

くるくると巻いたつるが愛らしく、しかも両面にエングレーヴィングされていますので、楽しくお使いいただけると思います。

白蝶貝は、エドワーディアンの時代に入ると,白っぽく薄く小さくなってきましたが、このセットのハンドルは驚く程大きく、厚みもあります。
ふっくらとしたハンドルがとても持ちやすいです。

ナイフの重さは63gもあり、白蝶貝は,内側から光がこぼれてくるような輝きの美しい上質の物が使われています。


[edit]

私もこの美しさにデザートナイフ&フォーク4組セットをネットで購入しましたが ・・・後の手入れが悪く少し変色しています。

このカトラリーはShoko さんのところへお嫁入りできて幸せだと思います。

また一つ幸せな時間を作ることができますね。

keikomama #- | URL | 2013/06/20 06:13 * edit *

keikomama さん♪


keikomamaさん♪おはようございます^^

早速のメッセージありがとうございます。

keikomamaさんもシルバーのデザートセットをお持ちなのですね~♪
素敵なのでしょうね~♪

普段からどんどん使い込んで、傷が一杯ついて、レストランでセットしていただくシルバーのようになったら素敵だな・・と思うのですが・・
勿体ないのと・・我が家は殆ど和食で、箸オンリーの生活ですから
シルバーカトラリーも「宝の持ち腐れ」です。。(・・;)

専用リキッドで磨けば蘇るのでしょうが、美しくエングレーヴィングされているので気を遣います。。。
でも、どんどん使いたいと思っています(*^_^*)

私はカトラリーはハンドルもシルバー(ステンレス)が好みだったのですが、
テーブルコーディネートのレッスンに行くようになって、ハンドルが別素材のものもよいなぁ・・・と。

ハンドルがシルバー(ステンレス)以外のものはカジュアルなイメージがあったのですが、
マザーオブパールはエレガントですねぇ・・・
昔は何でも自然素材で作ってあるから・・贅沢ですよねぇ・・・

カトラリーも結構種類を持っていますから・・中々買えませんが、
ハンドルに色が付いたものも可愛くてよいなぁ・・と、5月に友人たちと雑貨屋さんに行った際に思いました^^

Shoko #yGRFFwPI | URL | 2013/06/20 08:25 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/1298-b8ca8fe3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)