*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

テーブルレッスン♪節分 

2014_1_16-TC-01n-1.jpg
【2014年1月16日撮影:節分のテーブルコーディネートレッスンのデモテーブル】

今年初めてのテーブルレッスンは「節分のテーブルコーディート」
自宅レッスンでは初めての「和膳」のコーディネートです。
講義は「季節のおもてなし(日本の歳時記)】
旧暦」に俄かに興味が湧き、云い知れぬ「豊かさ」を感じ、本を数冊買っての俄か勉強の知識ですが、
昨年通った教室での講義レッスンの「五節供(節句)、二十四節気、雑節に合わせ「旧暦」の話も
盛り込んでお話させていただきした。

デモテーブルを作っておきましたが、それぞれご自分の思うようにコーディネートを楽しんでいただきました。
皆さま大変熱心に無言で一人分のセットを作っておりましたが、実に楽しそうでした。
折敷も黒とキラキラの朱のリバーシブルになっておりますが、そちらも自由に、箸置きも節分にぴったりの
「福豆」でデモテーブルを作りましたが、「おめでたい」デザインのものを他に二種類用意
「紅白懐紙」等の使い方もそれぞれに個性が出て、素敵なセッティングが仕上がりました。

レッスン後は軽食を召し上がっていただき、節分の料理の話にも盛り上がり
昨年の(自宅での)節分のテーブルの「福盛り」の話もさせていただいたり、仕事の忙しい一月の中にあって
和やかな充実した時間となりました。(感謝)

2014_1_16-TC-660-2n-2.jpg
【2014年1月16日撮影:節分のテーブルコーディネートレッスンのデモテーブル】

その昔・・・
田舎町であった我が家では、味噌、醤油も手作りで、私が幼い頃は、鶏(にわとり)も牛も居る(飼っている)ような環境
養蜂家であり、柑橘生産者の父は「健康食」には大変敏感な人で、広い果樹園をその当時は使用が常識であった
除草剤を使わずに草刈りをしミカンや八朔を育てており、(そのみかんの花から蜜蜂を介し蜂蜜を採取していたので
出来るだけ農薬は使いたくなかったのでしょうが・・・)今でこそ、「生産者の顔」が見える食材や
有機栽培の野菜や米が、重宝がられる時代になりましたが、そういう意味では父はつくづく早く生まれすぎた・・と
亡き父から生活の中で自然に教わったことは、当時は知識とも感じ無かったけれど、「素晴らしく豊かなもの」を
与えて貰っていたのだと改めて思い、怒ったことを見たことのない程穏やかで実直だった父を偲んでいます。

父はよく旧暦の何月何日になるから、今日はこれをしなければいけないとか、月の満ち欠けのことも日常的に
生活の知恵として話しておりましたが、「旧暦」の本を手にし、「あぁ・・このことを云っていたのか」と
非常に感慨深く、四季のある日本に生まれ、これらのことを忘れてはいけないと・・・改めて思いました。
本を読みつつ・・非常に豊かでしあわせな気持ちになりました。

2014_1_16-TC-664n-2.jpg
【2014年1月16日撮影:節分のテーブルコーディネートレッスンのデモテーブル】

レッスンの最中、アマゾンより「二十四節気」の食の本が二冊届きましたが・・・こちらもしっかり熟読して
生活に生かしたい・・・次世代(子や孫)に「日本の食文化」を伝えたいと、思ったのでした。。。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヒイラギを探し回ったのですが、何処の店頭にもなく、友人のお庭から一枝分けて貰い、
節分らしいテーブルを作る事ができました。
ありがとうございました(友人はネットをしないので、こちらからは伝わりませんが・・(^^ゞ・・)

テーブルフラワーは、思った花材が、これまた二日掛けて何軒も回りましたが、手に入らず・・
取敢えず庭の固い蕾の椿と春らしい花材を使って、作りました。

グラスに映り、顔が二重に撮れておりますが、おとぼけの鬼の面、懐紙等の紙製品は
福ますに使用している水引飾り、金の和紙以外全て「めでた屋」さんで購入しました。
昨年、やはり節分に合わせ紙のオブジェを購入し、元日のテーブルの和紙のランチョンマットも
こちらの製品で、季節の可愛い和紙製品が沢山あります。
興味のある方は↓からどうぞ^^

http://www.rakuten.ne.jp/gold/medetaya/



[edit]

いや〜ん、なんて素敵な節分のテーブルなんでしょう。
節分の日をこんなテーブルで迎えられたら、その年は安泰ですね^^

福豆のお箸置きもコロンとしていて可愛いです。
お箸置きはいくつあっても欲しくなっちゃいます(食器もだけど^^;)よね?
ブログにも書きましたが、年末、瓢箪のお箸置き購入したばかりの私^^;


Shokoさんの丁寧な暮らしぶりはお父様の影響なのですね。
手作りのお味噌やお醤油、私も挑戦したいと思いつつ、体力の関係で断念しています。
でも、心を込めて自然の摂理にそって作られたものって、
自然と体にすっと馴染むのですよね。
体って正直だし、凄いなぁと最近よく思います。

昔の人は理屈ではなくごくごく自然に二十四節気なるものを導いたのでしょうけど、
さすが日本人だなぁって感心しちゃいます^^

私も無理のない範囲で、古来からの伝統、
息子に伝えていきたいと思います。


ご紹介のあったお店、ちらっと覗きましたが、可愛いものがいっぱいですね。
後でゆ〜っくり眺めながらポチッとしようと思います(笑)。

素敵な週末をお過ごし下さいね♪

みー #ZHv9lkAI | URL | 2014/01/18 13:48 * edit *

みーさん♪


みーさん♪

こんばんは^^
テーブルへの励みになるお言葉ありがとう(*^_^*)
嬉しいです♪

普段のテーブルは圧倒的に「和膳」ですが、「和」のコーディネートには慣れてないので・・試行錯誤・・(^_^;)
でも・・和膳もいいなぁ・・と最近頓に思います。。。

瓢箪の箸置きの記事・・タイムリーに拝見ししたのですが・・
年が明けて、仕事が忙しくなったので・・中々コメントも出来ないままでごめんなさい。。。
瓢箪が6個揃うと無病(六瓢)息災のお守りって初めて知りました^^
普段の箸置きは大好きな猫(笑)か、季節関係なく使える「たち吉」の瓢箪を
使うことが多いです^^
ほぉーって・・・いいことを聞いたので大切にしなくては^^v

箸置きは季節感一杯で、遊び心もあって・・
日本の食文化は繊細だなぁ・・と箸置きひとつからも感じます^^

みーさんの求められたガラスの瓢箪の箸置きも良いですねぇ~♪

季節の移ろいを表す言葉として二十四節気と共に七十二候にも興味が・・・
日本人って凄いですね。。。

「季節の風」を感じ乍・・暮らしてゆくこと・・しあわせで贅沢なことですね。。
忙しい日々の中で様々な季節にまつわる行事に一体いくつ「目を向ける」ことができるかどうか分かりませんが・・・
テーブルを通じて・・季節の食と向き合い、食材から季節の豊かさを感じることが出来るといいな・・と思っています♪

みーさんもどうぞ佳い週末を~♪

Shoko #yGRFFwPI | URL | 2014/01/18 23:31 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/1361-0427bd08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)