*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

気持ちの良い休日♪No.4 ダービー&ハミルトン 

2014_5_3-Darby-01.jpg
【2014年5月3日撮影:エイブラハム・ダービー】

ヘリテージと並んで、我が庭の双璧
昨年はあめり元気がなく・・流石に10年目の株となると・・そろそろ・・なんて思っていたが・・
今年のダービーは元気だ!
先ず、葉の色艶が良い!
薔薇だけに限らないが、美しい葉が付けば美しい花は約束されたようなものだ。
昨年秋冬の少しばかり真面目に手を入れた功がどの薔薇にも生きていて・・・
尤も、我が庭の双璧であるダービーとヘリテージは殆ど施肥をすることもなく、薬剤を散布することもない

元々、強い品種に地植えと云うことがその理由かもしれない。。。
唯、昨年は、ダービーにもヘリテージにも・・少しばかりの施肥はした。

ヘリテージは駐車場増設の為、2013年1月にダービーの横に移植された。
私が定期検診に行ってる間に基礎施行業者さまの手により移植されたので、どのような状態で移植されたかも分からず
勿論その際の施肥などは皆無である・・・

やはり昨年は非常に元気がなく・・・
これ程の大きな株の移植では枯れてしまうのではないかと覚悟していたが・・・
ダービーに負けず元気で、根元から立派なシュートが出てきた。。

ヘリテージは花持ちが悪く、花ごとバサッという感じで散るので、好まない人も多いのかもしれないが、
私はこの薔薇には思い入れがあるし、好きである。


2014_5_3-DarbyHamiltom-01b.jpg
【2014年5月3日撮影:ダービー&ハミルトン】

今年は足元のパイナップルミントや、自生しているヨモギを殆ど抜き去り、足元を清潔にした。
土がむき出しなのは淋しいが、一度すっきりとさせたかったのだ。

薬剤散布の無い庭で自生しているヨモギだから草餅でも作って食べたら良いが、
以前、ヨモギは土地の汚染を調べる為に用いられると、聞いたことがある
ヨモギはそれらをとてもよく吸収するからだそうである。

その話を聞いて・・・ヨモギ餅やヨモギパンを作ったり買ったりを躊躇するようになった。。
真意の程は定かではないが、確かその方は栄養士さんだったと記憶しているので、信憑性の高い話なのでは・・
と、調べる事もなく、現在に至る。。

少しばかり残したパイナップルミントはまた元気に広がり・・
地下系で広がるヨモギもこちらは全てキレイに抜き去った筈が顔を出す。

ハミルトンは・・ここ4,5年瀕死状態だった。
余りにも状態が悪いので根元を確認するとグラグラで、明らかにコガネムシの幼虫等に根をやられた感じだった。
それでも、忙しいのも手伝って何年も処分も出来ず・・昨年秋にいよいよ抜き去ろうとすると・・
1本だけになった枝が何やらしっかりとしている。
根元のグラグラも無くなって、新しい根がしっかりと鉢全体に広がっている感じだ。
これには驚いた。。。

勿論薬剤皆無である。。。

美しい銅葉がどんどん大きくなったかと思うと美しいグリーンに変わり、
「私、咲きますよー(*^_^*)」と云わんばかりの蕾が幾つも立ち上がってきた。

感激である!!
花云々ではなく、もう枯れたと思っていた株である。。。
仮に花が咲かずとも、このしっかりとした美しい葉だけでも感激なのだ。。。

これこそ「花はボーナス」である。。。

ハミルトンの花に会えるには何年振りになるのだろう。。。
初めて我が庭で咲いた際、の端正で美しい巻き巻きに一目惚れし、モロ好みの凛々しい花姿に歓喜を上げたものだ。。




[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/1388-3a89458f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)