*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

収穫 

2014_11_15-Garden-01n.jpg
【2014年11月15日撮影:庭のレモンとトマト瑞栄】

青いレモンと青いトマト・・・
レモンは気になりつつ中々収穫できず・・・やっと鋏を入れました。

生協で注文していた日本水仙と、アリウム(パープルセンセーションと丹頂)の球根・・・
早くに届いていたのに腰痛もあったりで、中々植え付けできず・・
やっと、13日にアリウムを、そして本日水仙を植え付け・・・
水仙の球根の入っていた箱を片手に、思い出したようにレモンを収穫・・・
そして・・
急に冷え込みが厳しくなったので、もう色づくのは難しいかも・・・と瑞栄(トマト)を収穫
部屋の中に置いていれば赤くなるだろうか・・・
日当たりの良い場所にあるサングランデ(トマト)はもう少し様子見・・・(^^ゞ

11月にトマトが実るなんて・・・・
先日友人に貰ったレースフラワーの苗を植え付ける為、這いつくばって土作りをしていると
傍らのバジルに当たって・・清涼感のあるバジルの良い香りがする・・・
未だ充分食べられそうな葉なのだが・・パスタのソースはともかく・・
この香りは私の中ではやっぱり初夏の香りで・・寒い季節にはちょっと・・って感じかな・・

あれこれ「食べられる」ハーブを植えているが、ほぼ観賞用にて中々上手に使いこなせない。。





庭にあるハーブ
・オレガノ:
 トマト・チーズ・肉類との相性が良く、イタリア料理、メキシコ料理に欠かせないシソ科のハーブ
 ピザ・ミートソース・オムレツ・トマトソース煮
 【風邪による喉の痛みに効く】

・セージ:
 豚肉や内臓肉等の料理に使うと、肉の臭みを消し、同時に消化も助けてくれるシソ科のハーブ
 古代から万病に効くハーブとして利用されてきた
 【薬箱のようなハーブ】

・ローズマリー:
  鶏肉・羊肉・ジャガイモ等の料理によく合うシソ科のハーブ
  ヨーロッパでは医療にも用いられている
  【森の香りで頭がすっきり】  

・タイム: 
  加熱しても風味が落ちない様々な料理に利用できるシソ科のハーブ
  スープストック、シチュー、マリネ、等。肉類等の脂肪分の多い食物の消化を助ける   
  強い殺菌防腐効果があり、うがい薬としても使われる
  【肉料理等の消化を助ける】

・バジル:
  トマトとの相性が良く、イタリア料理に欠かせないシソ科のハーブ
  香りの元の「リナロール」の精油成分はリラックス効果、集中力を高める効果、
  食欲を促し胃腸の働きを良くする効果あり
  【野菜の中でTopクラスの栄養成分を含む健康野菜】
  トマト+バジル & ニンニク+バジルで、ガン予防、老化防止

そして・・・コガネの幼虫に根っこを食べられ、今は庭に植わっていないけれど
我が家では一番良く使う栄養の宝庫のパセリ

・パセリ:
  カロテン、ビタミン類、鉄等のミネラルが驚く程多く、食物繊維も豊富
  消化を良くする、口臭予防、強力な利尿作用、ドイツでは結石の治療に用いられている
  抗酸化作用、クロロフィルには貧血予防、血中コレステロール値低下効果

野菜の食べ合わせの効能とともに・・上記のハーブも一覧にして冷蔵庫に貼っているのですが・・・。(・_・;)
栄養の宝庫のハーブ・・もっと使いこなしたい。。。

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/1454-f13e3ab1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)