*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

薔薇を求めて・・ハウステンボスの旅  第二章:素敵なホテルと夜のクルージング 

2015_5_25--HUIS_TEN_BOSCH-8927n.jpg
【2015年5月25日17時01分撮影:ホテルアムステルダム入口】

本当は、もっと早くチェックインのつもりだったのですがホテルに辿り着くまでに素晴らしいシーンが一杯で
こんな時間になってしまいました。
この正面左が中庭で、ハンキングバスケット等・・とっても素敵だったのですが、
逆光で上手く撮ることが出来ませんでした。

わくわくしながらホテルフロントへ・・・

2015_5_26-HUIS_TEN_BOSCH-9003n.jpg
【2015年5月26日9時02分撮影:ホテルロビー】

沢山の薔薇が飾られたロビーは息を飲むような美しさでした。
到着時にも撮ったのですが、天井が空の色により変化し、チェックアウト時の撮影の方が美しかったので・・。


このホテルは「ローラアシュレイフロア」があり、予約電話で勧められるままに予約。
案内されたオシャレなエレベーターを降りると
そこが専用スペースとフロントになっており、「どうぞこちらへ」と
「ウエルカムドリンク(スパークリング)」のサービスがあり驚きました。

2015_5_25--HUIS_TEN_BOSCH-8956n.jpg
【2015年5月25日17時51分撮影:クラブラウンジの一部】

ホテル公式サイトに寄れば、
【ローラアシュレイ・フロアのコンセプトは、ホテルアムステルダムの中にある「特別な、もう一つのホテル」。
細部にまでこだわった部屋のしつらえ、ゆったりと上質なときを過ごせるクラブラウンジ、
コンシェルジュによるきめ細かな心遣いなど、全てがプレミアム。
チェックインからご退室時まで、全てこのフロアで完結する非日常空間をご提供します。】

とのことで、本当にきめ細やかなサービスがあり、「クラブラウンジ」では
「朝食(スパークリングワイン提供)」「昼食(連泊対象)」「アフタヌーンティー」「夕食前の前菜(アルコール提供)」
「バーラウンジとなるナイトキャップ(アルコール提供)」と、一日5回、時間に合わせて自由に無料で利用が出来ます。

予約の際、簡単な説明があったのですが、良く調べて行かなかったので、到着後の「夕食前の前菜」と
翌朝の「ビッフェスタイルの朝食」のみの利用で、もっと早くチェックインして、「アフタヌーンティー」や
夜の園内散策とクルージングから帰ったら片付けが始まっていた「ナイトキャップ」も体験してみたかったなと・・残念です。

また重い体(友人たちはスリムなのでσ(・・;)のことです)で、歩き回らなくても、レンタルサイクルで
園内を自由に走り回れたみたいで、しっかりと行き先の下調べをしておかないと、行き当たりばったりでは
「無駄」ばかりだなぁ・・と大きな後悔もありました。(何しろ薔薇の事しか頭になかったので・・・)

2015_5_25--HUIS_TEN_BOSCH-8939n.jpg
【2015年5月25日17時31分撮影:宿泊したローラアシュレイのお部屋】

トリプルなのに、エキストラベッドではなく3つとも同じしっかりしたベッドでした。
(これは翌日の「ホテルヨーロッパ」でも同じでした)
海側のお部屋と園内(建物)側のお部屋があるのですが、瀬戸内海で育った身としては
海より、断然建物の方に魅力を感じ、そちらをお願いしました。
公式サイトを見ると窓から海が見える風景もまた素敵だなぁ・・と思いました。

クラブラウンジから見える海(ヨットハーバー)は夕方も朝もとても魅力的でした♪
「序章」の展望台から撮影の画像を見ていただくと位置関係が良く分かります。

お昼は、新幹線からハウステンボス行きの列車乗り換えホームで買った「サンドイッチ」だけだったので
「リフレッシュメント」と表記のある夕食前の前菜をたらふく食べ・・夜の園内散策に出かけました。

ハウステンボスに着き、ホテルまでの間に、「クルージング」の時間を調べていたので
イルミネーションがおススメだという夜に乗ることにしましたが、イルミネーションは船上より園内から見る方が
クルーザーそのもののイルミネーションも含めより素敵でした。

2015_5_25--HUIS_TEN_BOSCH-8971n.jpg
【2015年5月25日21時34分撮影:夜のクルージング】

もう一便早い時間に乗って・・ラウンジの「ナイトキャップ」も少しの時間でも体験したかった・・と
こうして記事を作りつつ尚、思います。
前菜の時間に沢山食べ過ぎて・・(お腹に)入らなかったかもしれないのですが・・
「ナイトキャップ」の時間にはどんなメニューが並んだのか・・それだけでも見たかったし・・
18時頃食事をすると、流石にお腹が空いて(笑)、朝食は始まる時間ピッタリに我々が一番乗りでした。(^_^;)



「第三章につづく」・・・


[edit]

バラが終わりに近い、とはいえ やはり「ハウステンボス」のバラは圧巻ですね。

こんにちわ~
とても素敵な三人淑女の旅 いいですね♪
「大人のハウステンボス旅」というタイトルをつけたいぐらいです。

ローラアシュレイのお部屋もみんなの憧れで、私も泊まりたいです。

残りのレポートも楽しみに待っています。

keikomama #- | URL | 2015/06/03 18:07 * edit *

keikomama さん♪

こんばんは^^

きっと最盛期の薔薇は本当に素晴らしかったことと思うのですが、
土壌の状態や水遣りの管理等、結構薔薇には厳しい環境で育てられていると思ったのが
正直な感想であり、また3人の一致する意見でもありました。

それにしてもこの広大な土地の「植物」の管理に一体どれだけの人数や労力、時間が
掛けられているのだろうと・・敬服するばかりです。

勧められるままに「ローラアシュレイフロア」にして良かったと思います。
ブルー、シルバーパープルとローズタイプの3つのお色のトーンのお部屋があるようですが、
ご用意いただいたお部屋もとっても可愛いお部屋で友人たちも喜んでいました。
(ホテルの選択、予約の担当は私でしたので・・)

神戸の北野ホテルもとっても素敵ですが、こちらのホテルも
ゆっくりと連泊したい素敵なホテルでした♪

お近くに素敵なリゾート地があって羨ましいです。

勿体無いメッセージありがとうございます。
残りの旅のレポートも是非ご覧になってくださいませ。

Shoko #yGRFFwPI | URL | 2015/06/03 21:23 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/1517-eabf20b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)