*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

茄子の山椒トマトソース 

2015_7_14-nasu_no_tomatososu-01a.jpg
【2015年7月14日撮影:茄子の山椒トマトソース】

本日のお昼の一品です♪
朝日放送の「上沼恵美子のおしゃべりクッキング」7月10日放映の夏野菜たっぷりの料理。
ジャンルは「中華」になるようです。

ニンニク、生姜、白ネギにトマトを合わせたソースを蒸し焼きにした茄子にかけるだけ~
の簡単料理ですが、もう最強の組み合わせです!

・トマト+ニンニク 活性酸素除去(老化防止)
・トマト+酢     疲労回復効果、肩こり予防・緩和
・茄子+トマト    貧血予防、糖尿病予防、がん予防、肥満防止
・ネギ+生姜    風邪の予防と治療、老化防止、疲労回復、血行促進、動脈硬化予防
・ネギ+ニンニク  血液サラサラ効果、血栓予防、スタミナ強化

栄養価は勿論のこと
このソース絶品でした♪(私の口には合いました♡)
ささみを蒸して割いたもの、焼いた豚や鶏肉のソースにも素晴らしく合うのではと思いました。
ハンバーグのソースにしてもいいし、サラダのドレッシングにしても、勿論このまま
トマトを主役にして量を増やし、トマトのマリネ的な感じで食べてもGOOD!です♪


思えば、幼き頃、健康志向の父の作る「焼き肉のタレ」が苦手でしたが、
しょうゆベースにかんきつ系の酢、生姜、胡麻、これでもかっ!って位
たっぷり入っていたような(子どもの私にはそう感じた)ニンニク。
その味を彷彿させるような「ソース」でした。

当時はしょうゆ、味噌も自家製でしたので、自家製のしょうゆに(柑橘農家でしたので)自家製かんきつの酢
生姜やニンニクは栽培していたかどうか記憶にありませんが、胡麻は当然のように手作りでした。

実に「贅沢」な食生活だったのになぁ・・・

当時の私は凄い偏食で・・・「生の魚」は勿論、「生の野菜」も殆ど食べれませんでした。
母が菜園で作っていた自家製の季節野菜が何種類も山程あったのに・・・
(出荷するわけではなく、自分たちが食べるのが目的の栽培でしたので勿論無農薬)
父が自家栽培していた椎茸(こちらも趣味)もあったのに・・
あの野菜を偏食することなく全て食べて育っていたら・・
もっと健康で、キレイな頭の良い女性になれていたかも・・・? と、懐かしみつつ・・当時を回想後悔しています。




2015_7_14-nasu_no_tomatososu-01cn.jpg
【2015年7月14日撮影:茄子の山椒トマトソース】

調理メモ

【材料】(2人分)

・茄子              2本
・オリーブオイル 大さじ   1 1/2
(山椒トマトソース)
・トマト              1個
・しょうが(みじん切り)    小さじ2
・にんにく(みじん切り)   小さじ2
・長ねぎ(粗みじん切り)   1/2本
・しょうゆ 大さじ        1 1/2
・オイスターソース       小さじ1
・酢                大さじ1
・胡椒              適宜
・砂糖              ひとつまみ
・花椒粉(ホァジャオフェン) 小さじ1/3
・EXバージンオリーブオイル大さじ4

【作り方】

1.茄子は縦半分に切って皮に細かく切り込みを入れ、縦横半分に切る。 (1本を8等分)

2. トマトは7mm角に切る。

3.ボウルにしょうゆ、オイスターソース、酢、砂糖、花椒粉、胡椒を混ぜ、EXバージンオリーブオイルを少しずつ加えて混ぜ、
  トマト、生姜とにんにくのみじん切り、長ねぎの粗みじん切りを混ぜる。
  
4.フライパンにオリーブオイルを入れ、な茄を強火で炒め、水大さじ2を入れて蓋をして弱火で4分火を通す。
  水がなくなり、茄子に焼き色がついたらソースの半分を器に敷き、その上に茄子を盛り、 更にソースをかける。

※ 茄子は蒸し焼きにせず、普通に焼いて程よい焦げ目が付いたら器に盛りました。



※ ネギは古くから薬効成分のある野菜として知られ、薬効効果のある薬味としては勿論、
  魚や肉の臭い消しにも使われてきた。
  白の部分はV.Cと、血行を良くする香り成分の硫化アリルが多く、
  緑の部分にはカロテンやカルシウムが豊富。その他にも多く含まれるセレンと云うミネラルには、
  活性酸素の発生と発がんの抑制効果も期待される。 
  (ネギの有効成分は水溶性なので、「さらしネギ」は薬効を期待できない) 

・ネギ+木耳or鰯or鯖or昆布            血中のコレステロール低下、高血圧・動脈硬化の予防
・ネギ+梅干しor生姜or紫蘇            風邪の予防と治療、老化防止、疲労回復
・ネギ+玉ねぎorきゅうりorニンニクor木耳    血液サラサラ効果、血栓予防
・ネギ+ぜんまいorワカメorさつま芋orレンコン 便秘予防、肥満防止

  ■ いりこ(or鰹節)と昆布で取っただしに玉ねぎと木耳とネギの味噌汁
     (若しくは、さつま芋とワカメと木耳、ネギの味噌汁)
  ■ 冷奴の薬味に生姜、紫蘇、ネギ、茗荷をトッピング
  ■ きゅうりの糠漬けに、梅干し

これだけの朝食で上記の薬効全て「まかなえ」ます。(^_^;)
ニッポンの朝食万歳!!って感じですね

  「食材の食べ合わせ、ネギの薬効」は高橋書店「野菜の便利帳」から抜粋


[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/1535-78bb5d38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)