*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

ゆる薬膳☆「桃と銀耳の糖水」 

2017_7_24-tousui-01n.jpg
【2017年7月24日撮影:桃と銀耳の糖水】

試作品

薬膳レシピの本は桃ではなく梨で作ってあります。
果物もそれぞれに素晴らしい効能がありますが、秋が旬の梨は
古くから中国では「百果の宗」と呼ばれ、珍重されてきました。
潤いを与えて体の熱を冷ます作用があり、肌の乾燥、髪のパサつき、のどの痛み、から咳、
発熱を伴う風邪、痰が出る時におススメの果物です。

梨と銀耳(白木耳)は肺を潤す黄金コンビ。

スーパーにも梨は出回ってないので、桃で本日試作品。

桃は「血の巡りを整え、肌や生理のトラブルを解消。
体や腸に潤いを与える作用があり、便秘に有効。
肌や髪がパサつく、のどが渇く等の全身の乾燥の症状がある時に向いています。

銀耳(白木耳)や枸杞子(クコの実/ゴジベリー)は代表的な薬膳素材です。

蓮肉(蓮子/ハスの実)も入れましたが、下の方にあって写っていません。
銀耳と枸杞子は美容食材です

ちなみに「氷砂糖」ものどを潤す作用があります。

薬膳素材は中々国産が手に入らず残念です。
国内で銀耳を生産いるところを見つけましたが現在は販売不可とのことで、電話で問い合わせると
「伊勢丹」や「三越」さんに待っていただいている状態で・・とのお返事で・・
とても一個人に優先的に分けていただける代物ではなさそうで・・
『「伊勢丹さん」から買うのが早いかな・・と思います』とのお返事だったので、
「伊勢丹」のサイトを検索しましたが、「完売」との表示。




ちなみに、製造元のサイトでは100g(乾燥タイプ)5000円、伊勢丹、三越での販売価格は10gが735円でした。
国内で作ることが出来るなら、需要に合わせ、もっと沢山作って欲しいと思うのですが・・
黒木耳のようなわけにはいかないのでしょうか?

木耳の効能は多岐に渡りますが、黒と白とでは効能が違います。
大雑把に云えば黒木耳は「血全般」に白木耳は「潤い全般」に効くって感じでしょうか?
黒木耳は血に関する様々な症状に効果があり、ちの余分な熱を鎮め、上下肢、滞りを改善し血を補う
白木耳は津液を補って弱った臓器を回復させ、特に肺を潤す(肺は肌の潤いを調節する機能がある)

どちらも積極的に摂りたいきのこです。
黒木耳は比較的国産が手に入り易いです。

2年前、少々お高いコレステロール値を何とか下げたいという思いから
食べ始めた「黒木耳」・・毎朝の味噌汁には「椎茸」とセットで他の具材がどんなものであれ
必ず入れて食べています。

黒木耳だけの効果ではないと思いますが、当時280位あったコレステロールは
今年4月の検査では210でした。
もっと云えばすべての検査項目で、「標準値」枠内でした。
(尤も、ケチが付くのはいつも決まってコレステロールですが・・)
青汁その他のサプリメントも毎朝の日課なので実際は何が功を奏しているのか分かりませんが
「黒木耳」の効果もあったと信じて、続けております。

[edit]

Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/1820-e67bfa36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)