FC2ブログ

*Refresh*

  季節の風・・・生活の楽しみ・・・

薬膳:鯖のごぼう煮 

2007.3.11.saba-2nemu.jpg

【3月12日夕食:鯖魚煮蒡根】

最近NHK出版の「薬膳ごはん」を本屋さんで見つけて買って以来・・
あっという間に・・薬膳の本が手元に増え始めた。。。

あれだけ・・地道に努力して落とした6kg・・・
お餅(きな粉餅)の食べ過ぎの所為か・・・はたまた・・
無くなった頃を見計らうようにして届く(いただく)美味しいお菓子の所為か・・・・
(陰謀としか思えない程・・グッドタイミングでホッペが落ちそうなスィーツが届くのである・・・(;一_一)・・)
年が明けて以来・・あっという間に・・5kgのリバウンド・・・

それはまさに・・坂道を転がる如く・・・
右を見て左を見て前を向くと5kg増えてた・・と云う感じ・・

しかし・・・

食べすぎとか・・運動量が足りないとか・・・
そんなことよりやっぱり根本は・・この「低体温」にある!

低体温症の人のことを「ガン体質」と云うらしい・・・
体温のことはもう何度も記しているので・・省略するが・・・
とにかく・・五分でもいいからこの体温を上げたい・・・

その為に・・いくつか努力し始めたことがある・・
その一つが・・今度こそ真剣に「生姜」!(何年も前から云ってる・・(^^ゞ・・)

生姜紅茶も・・先日よりその気になって飲んでいる・・
勿論・・毎日ではないがデトックススープもそれなりに食している(^^;

万遍なく色々な食品を摂るのが大前提だが・・
料理にも・・(生姜を)どんどん使っていきたい・・・
何とかしなくてはいけない・・・
本気でそう思っているのだ・・・

今日のメニューは
ネット注文で一昨日届いた「生姜と葱の本」(家庭薬膳)より・・
鯖の牛蒡煮を・・・

料理の見出しには・・
「鯖とゴボウの相乗効果で血流と新陳代謝がよくなり、疲労回復につながる料理です。」とある・・・

ちなみに・・・
まるで千切り生姜のように見えるのは牛蒡(ごぼう)です。




2007.3.11.saba-1nemu.jpg

【煮込み始めたばかりの「鯖と牛蒡煮」】

【材料(2人分)】
・鯖の切り身:2切れ
・ニンニク:1片(薄切り)
・ごぼう:60g
・生姜:25g(薄い輪切り)
・水150g
・合わせ調味料
  酢:大さじ3/しょう油大さじ2/日本酒:大さじ2

【作り方】
・ごぼうは皮を剥き、千切り(本は細切り)にして酢水に放つ
・フライパンに水を入れ沸騰させ、鯖を並べ一緒にニンニク・生姜・ごぼうを入れ蓋をして煮る
・ごぼうが柔らかくなったら合わせ調味料を入れて蓋をし更に3~4分煮る

「農文協」発行:【生姜と葱の本】参照


・合わせ調味料は本には半分の量で記載してありましたが・・
煮る過程で・・・急遽同量足しました。。

当然生姜も全ていただきましたが・・・酢も含め材料全てが如何にも滋養がありそうなものばかり・・・
鯖に酢を入れて煮るのは初めてだったが・・意外と美味しい。


[edit]

鯖とごぼう

あ。。。。
今夜鯖の塩焼きとごぼうできんぴらしました。
胃の中でカップリングしてたら、身体によかったのかしら?
良かった・・・と思っておこうっ!!

sawako #- | URL | 2007/03/12 22:33 * edit *

sawakoさん♪


おはよー^^

昨夜は鯖とごぼうだったのね~~
「食べ合わせ」って云う位だから・・胃の中に入ってしまえば一緒だものね~~

きっと・・血流も新陳代謝もよくなっていると思うわん♪


身近な材料で作る「薬膳」・・本を参考に忠実に作って・・
こちらに時々アップしますね^^

楽しみにしていてくださいね^^



Shoko #yGRFFwPI | URL | 2007/03/13 08:56 * edit *
Secret

トラックバックURL
→http://refresh720.blog6.fc2.com/tb.php/560-24d12ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

薬膳薬膳(やくぜん)とは中国を起源とする料理による健康法。生薬の原料や材料として用いられる海松子、金針菜、枸杞、紅花、山査子、銀、大棗、蜂花粉、百合、竜眼肉等を用いた料理のみならず自然界にあるもの全てを食物と考え、日本語の造語である医食同源のもとに個々人

さまざまな医薬品 | 2007/07/26 12:43